熱交換器スケール対策として考えられるもの

熱交換器スケールが付着すると、エネルギー効率が下がってしまいます。そうなると、稼働させるのに必要なエネルギーも増えるので、運用コストが上がって無駄です。熱交換器スケールは必ず付着してくるので、これを定期的にメンテナンスを行って助教することが大切になります。その他、ポンプ圧が低下したり配管内部の通りが悪くなって水の流れが低下することで正常な動作ができなくなることもあります。

一度問題が起きてからだと、ラインを停止しなくてはならなくなるといった問題が起こって慌てることになるので、予防措置として熱交換器スケールを取り除くことを常日頃から心がけた方が良いです。熱交換器スケール対策用の洗浄液を使って、定期メンテナンスを行います。専用の洗浄液は強酸性となっていて、コンクリートのように固くなってしまうスケールも化学反応で溶かして取り除くことが可能です。酸性ではない洗浄液を使っても効果はないので、専用品を使ってメンテナンスを行いましょう。

他にも対策としては、配管に取り付けて磁気の力でスケールが生じるのを予防する製品や、電気分解によって原因物質を強制除去するといった製品もあります。これらを利用すれば、スケールの発生を軽減させられるので、メンテナンス頻度を少なくすることができるので、水質に合わせてこれらの活用を検討するのもおすすめです。こうした工夫された製品はいろんなタイプが様々なメーカーから販売されているので、チェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です