日阪が提供しているサービスの特徴について

日阪は大阪市に本社のある産業機械メーカーであり、プレート式熱交換器や染色機械の他に食品や医薬品などの生活産業機器も製造しています。1941年に創業されて1953年には日本で初めてプレート式熱交換器を開発しました。日阪は国産プレート式熱交換器のパイオニアであり、長年にわたって様々な産業に優れた製品を供給してきた実績があります。同社の代表的な製品であるプレート式熱交換器は、信頼性が高く超小型からスーパージャンボまで様々なサイズのものが存在します。

日阪ではセミ溶接や全溶接のプレート式熱交換器以外にも、プレート式凝縮器やブレージング式熱交換器などを製造しています。この会社はこれまで主に物的な価値を提供するコンポーネントビジネスを展開してきました。近年では熱ソリューションの提案や顧客のサポートに力を入れており、意味的な価値を提供するソリューションビジネスへの転換を図っています。日阪は顧客目線での熱ソリューションを提案するため、5つの主力事業とソリューションエンジニア集団によるマトリクス組織が存在します。

プレート式熱交換器が活躍する様々なフィールドやアプリケーション事例の他に、性能を最大限に引き出すための最適設計手法などを提案してくれます。日阪は製品が高品質なだけでなく、専門的な知識を持つスタッフが豊富な実績に裏付けされたよりよい使用条件も提案してくれるので安心です。さらに主力商品であるプレート式熱交換器には引取りメンテナンスサービスもあり、アフターサービスも充実しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です