営業効率を上げてホットリード獲得

企業では売上目標を設定し、商品やサービスを届けるためにマーケティング戦略にも力を入れています。自社製品やサービスに興味を持ち、あと少しで購入しそうな見込み顧客をホットリードを呼びます。適切な営業活動でホットリード獲得が続くと、成約率の向上が期待できます。商品に対する問い合わせが多い人やイベントでパンフレットを持ち帰る人は、ホットリード獲得に繋がりやすいです。

営業部門では、インサイドセールスやフィールドセールスなど様々な営業活動を行っています。営業部門のマネージャーにとって、ホットリード獲得の数字は重要な意味を持ちます。取扱っている商品によって、ホットリードの定義は変わります。対極にあるコールドリードは、商品やサービスに興味を持っていない人を指します。

コールドリードでも、上手に育成すればホットリードになる可能性を秘めています。ホットリード獲得を目指すためには、様々な方法があります。見込み顧客を獲得しても、大きな後押しがないと受注までの道のりは長いです。全ての見込み顧客の中で、コールドリードが約半分を占めています。

企業が最も欲しがるホットリードの育成では、インサイドセールスでも可能です。テレマーケティングでもメールマーケティングでも、質の高い見込み顧客を創出できます。電話よりもメールマーケティングの方が、受け入れやすいです。電話を使う場合でもメールを利用する場合でも、成果を出すためには見込み顧客のニーズを知る必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.