家庭向け熱交換器スケールの規模

今では各家庭で、再生可能エネルギー設備を備えているのは珍しくはなくなりました。屋根を見るとソーラーパネルを設置している家庭も多く、エネルギーの自給自足を可能とした時代を痛感できることでしょう。日本では2000年から、これら再エネ機器の導入を積極的に奨励をされており、各設備の購入時には最大で40パーセントもの補助金を支給されているほどです。再生可能エネルギー装置は大きく分けて、2種類で構成をされています。

ひとつはソーラーパネルで、もう一つが熱交換器スケールです。ここでは後者の熱交換器スケールについて概要を見ていきましょう。まず熱交換器スケールとは、地熱を使用する発電装置です。タービンが本体内に組み込まれており、地下からくみ上げた地熱のエネルギーでタービンを回転させます。

約2、000kwの電力を家庭用では賄うことができ、平均的な4人家族であれば1回の駆動で1週間の電力を工面できる計算です。家庭用熱交換器スケールの規模は、非常に小さくて玄関先に設置ができます。国内ではガス会社と電力会社がこの熱交換器スケールの販売をなされており、利用する時はどちらかと契約をして利用をしないといけません。その理由は余剰電力を買い取る制度かあるからであり、発電をした電気を使い切らない場合は、各会社に固定価格で販売ができます。

月額数千円程度の販売価格ですが、その料金を電気やガスを購入するのに使用することもできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です