熱交換器スケールを除いてスムーズに

熱交換器はエアコンなどの中に入っていて、部屋の中の空気をから熱を奪って部屋を涼しくするという働きを持っています。そのエアコンの室内機と室外機はパイプで結ばれていてそこを部屋の中の熱が外へと運ばれているのですが、熱交換器ばかりでなくこのパイプにはスケールという汚れが付着しやすいので掃除を怠るとエアコンの性能が落ちてしまいます。これは熱交換器スケールと呼ばれる付着物で、水に含まれているカルシウムやマグネシウムといったミネラル物質からできていて、水の温度が急激に下がったりするとカルシウムは水に溶けやすくなり熱くなると溶け出してほかの物質と結合してこうしたスケールを作ってしまうのです。水垢やトイレにこびりついてしまった尿石などもこのカルシウムによるスケールといえます。

この熱交換器スケールは、熱交換器や配管内に付着するとなかなか落ちにくいのです。そのため、放置しておかずに定期的に除去するようにしなければなりません。熱交換器スケールを除去する方法は、専用の洗浄剤を用いる方法が一般的です。熱交換器や配管にスケールが付着すると、ブラシなどで擦ってみてもなかなか落ちるものではありません。

担当を決めてたりローテーションを組んで、期間を決めて定期的に掃除をするようにした方が一番いい対処法かもしれません。洗浄剤には塩酸が含まれたものがよく使われているようですが、化学反応を利用して溶かして取り除くという方法が最も効果的方法のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です