熱交換器スケール対策のために取り入れられる方法

熱交換器スケールは、内部を循環する冷却水が原因で発生します。冷却水の水分が蒸発したり、不純物が混ざることで濃度が濃くなり、溶けきれない水に含まれたミネラルが析出するのが原因です。井戸水や工業用水など、水の中にはこうした成分が含まれているので、熱交換器スケールは必ず発生します。これを定期洗浄により取り除いてあげるのが、一番の対策です。

熱交換器スケール除去の洗浄液は、化学反応で分解して溶かすので、普通であれば硬くて簡単に取り除けないスケールも、簡単に溶かして取り除けます。専用品が売られているので、メンテナンスのために用意するのがおすすめです。スケール除去システムも効果的です。これは様々な物がありますが、スケールの発生を抑止したり、発生した物を強制的に分解して取り除くもの等があります。

これらは後付けで取り付けることが可能なので、既存の設備に導入することもできます。導入コストはかかりますが、長期的に見ればスケール対策が楽になりますし、スケール発生によるエネルギーロスを抑えることができるので、運用コストを抑えることにつながるのがメリットです。製品ごとの特徴や原理は異なるので、どれが良いのかはそれらを比較したり、コストを考えたりして決めるのが良いでしょう。できれば効果が実験によりしっかり表れている物を選んでおくべきです。

業者からパンフレットを取り寄せたり、わからないことは直接相談したりして選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です