熱交換器スケールはメンテナンスで除去しよう

熱交換器の調子が悪い時は、熱交換器スケールが原因の可能性があります。熱交換器スケールは、菅の中を通る水によって生じます。水垢と同じで、水の中に含まれるミネラル分が固まるのが理由です。これは、水を使っていると必ず起こることなので、定期メンテンナンスを行い、熱交換器スケールを取り除いてあげるのが大切です。

熱交換器スケールが溜まると、熱伝導率が下がります。それが、機械の不調の可能性につながります。スケールの除去は洗浄剤を使用して行うのが普通です。スケールはミネラルなので、それを溶かせる強酸性の除去液を使用して洗浄しましょう。

強酸性の洗浄剤は化学的にスケールを溶かすので、擦って取れないような物も簡単に除去することが可能です。メンテナンスを欠かさずにやっておけば、性能の低下を防げますし、無駄な燃料を使うことにもなりません。スケールが堆積するほど消費エネルギーが大きくなるので、それを予防するだけでも運用コストを抑えることにつながります。不調のまま放置するのもダメなので、手入れを怠っていた場合でも、今から解決のために動いた方が良いです。

洗浄剤は専用のものが業者から売られているので、そちらを選んでおけば間違いありません。専用に設計されているものは、効果的にスケールが落とされるように考えられています。様々な製品がありますが、業者の説明や口コミなどを参考に選べば、数多い中から最適なものを見つけられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です