日阪が製造しているプレート式熱交換器とは

日阪は1941年に創業された大阪の産業機械メーカーで、プレート式熱交換器の分野では日本国内でトップクラスのシェアを誇っています。この会社は長年にわたって高品質な産業機械を提供してきましたが、最近では熱ソリューションを提案するなど顧客のサポートに力を入れるようになりました。熱交換器には様々なものがあり、製造業の現場では伝熱プレートを使ったものが広く使われています。日阪は1953年に日本国内で初めてプレート式の熱交換器を開発し、顧客の要望に応じて様々な機能を付加した製品を生み出してきました。

プレート式熱交換器は複雑な形状の薄板を伝熱部に使っており、高い伝熱性能を備えるだけでなく軽量でコンパクトです。乱流効果を得られるため総括伝熱係数が多管式など他のタイプより高く、プレート表面に汚れが付着しにくいという特徴があります。このタイプはフレーム自体にメンテナンス用のスペースがあるため、広い設置場所を必要としません。熱交換の効率が高く完全対向流での熱交換が可能なので、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近させることができます。

このタイプは伝熱プレートを積層する構造になっており、プレートを増減させれば伝熱面積を自由に変更することも可能です。日阪ではセミ溶接や全溶接のプレート式熱交換器だけでなく、ブレージング式の熱交換器なども扱っています。熱交換器が必要な場合には、製品が優れているのに加えて手厚いサポートが受けられる日阪に相談するとよいでしょう。日阪のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です