インバウンドマーケティングの活用

ネットの黎明期から個人によるホームページ制作は盛んでしたが、これだけ情報が溢れる様になってきて、専門知識がなくても構築出来るサービスも増えて来ました。インバウンドマーケティングという手法は、企業が自社ホームページやSNSなどを活用して、消費者の方から情報を取りに来てもらって宣伝する手法です。毎日何件も発信している企業SNSが多いのは、いざ新商品が発売される時になればそれまでのフォロワーが生きてくるため、その為の努力と言えます。別に面白い事を発信しなくても、定期的に発信や交流をしていれば会社の格というもので注目度は上がっていきます。

そして大事なタイミングでインバウンドマーケティングをしているページに誘導し、そこにたくさんの人が集まれば日々の活動は成功と言えるでしょう。日々の積み重ねにより集まった人に、プレゼントやポイントのキャンペーンなどを張って新商品への注目度をアップさせていくのがインバウンドマーケティングです。ものとしては芸能系がやりやすいのですが、そうではない商品だとしても宣伝に芸能人を使うなど繋がりがない訳ではありません。一回起用しただけでその芸能人のファンが長く発信を追ってくれるようになれば、一回のコストがどんどん薄まっていきます。

そういった意味でもとにかく活動し、それを発信し続けて周りに知ってもらう事は、インバウンドマーケティングとして重要な施策でありそれ自体が価値になるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.