熱伝導率を落とす熱交換器スケール

冷却水を循環させるタイプの熱交換器では、熱交換器スケールを取り除くメンテナンスが必要です。水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが付着すると、エネルギー効率が落ちて消費エネルギーも増大します。さらに、機械自体に負担がかかり、機械寿命が短くなってしまうこともあります。そこで、定期的に熱交換器スケールを取り除くメンテナンスをして、効率的に稼働するようにしなければなりません。

熱交換器スケールは硬く付着して簡単に取れず、水で流すだけではどうにもならない状態です。そこで、これを落とすためには酸性の洗浄剤を用います。酸性の洗浄剤は化学反応によりスケールを溶かすので、とてもよく落とすことができます。熱交換器スケール対策の機器を取り付けるのも一つの方法です。

後付けで設置できるタイプの物は、スケールの発生を抑えたり、強制的にスケールを析出させ、それを運転中に取り除くといったタイプなどがあります。こうした物を利用すると、発生そのものを減少させられるので、メンテナンスの頻度を抑えることが可能です。また、スケールの発生による熱伝導率の低下、さらにエネルギー使用量の増加を防ぐことにもなるので、常に良好な状態で稼働できるのもメリットになります。どのような仕組みでこうした効果を生むのかは製品により異なります。

原理を理解した上で、設備に取り付けることができるのか、予算の範囲に収まるのかなどを基に判断して選ぶと良いでしょう。熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です