熱交換器スケール除去は必要不可欠なメンテナンス

水を用いている熱交換器の配管内には、熱交換器スケールが生じます。付着した熱交換器スケールは、酸性の洗浄液を使って除去しないと、熱交換率が下がってしまうので定期洗浄を行う必要性は高いです。酸性の洗浄液が効果的なのは、熱交換器スケールはカルシウムやマグネシウムなどが付着してできた物で、これを化学反応によって溶かすことができるからです。水の中にはこれらのミネラルが含まれていますが、水に不純物が混じると濃度が濃くなって、解けきれなくなったミネラルが析出します。

これは、熱交換器を使っていると確実に起こることなので、定期的に洗浄する必要があります。熱交換器は温めたり冷やしたりする機械ですが、熱伝導率が低くなるとその性能を十分に発揮することができなくなってしまい、それが不調の原因であることも少なくありません。それだけでなく、熱伝導率が下がると正常な状態よりも必要とする燃料が多くなるので、稼働させる機械の燃料代も高くなってしまいます。そうした問題を抑えることにつながるので、たかがメンテナンスと言っても熱交換器スケールを除去することは大切です。

熱交換器スケール用として専用の洗浄液も販売されています。これらは、これを除去するために開発されたものであるため、しっかりと除去することができるのでおすすめです。いろんなメーカーから販売されているので、それぞれの特徴やコストなどを比較して、ベストと感じられる物を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です